むし
この話は、柾木愛造と木下芙蓉との、あの運命的な再会から出発すべきであるが、それについては、先ず男主人公である柾木愛造の、いとも風変りな性格について、一言して置かねばならぬ。 柾木愛造は、既に世を去った両親から、幾何の財産を受継いだ一人息子で …
作品に特徴的な語句
ほう うつ たぐい まわり くちばし つまず ちょう ばち 一日いちじつ ぐん ぶた なつか 氷室ひょうしつ るい じょう きょう あるい にくし あが うち こら 頭光とうこう つっ こまや むこう あた だい 思出おもいで きず 最早もは こう みに はじ あわれ おさ 憧憬あこがれ ごと あわただ いざな から 護謨ごむ つつみ わざ ついや 悪血あくけつ まず 合点がってん とう 身体しんたい 可愛かあい 辻待つじま さか および いと なか におい うたがい たたみ そう ななめ がら ねがい なめら ひそ ろう こう うるお 此上このうえ こま よう 世迷よまよ 縫合ほうごう 満更まんざ とも こつ へだた 強直ごうちょく すで 一言いちごん あいだ のち 瓦斯がす
題名が同じ作品
(旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)