“蜀黍”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もろこし87.5%
たうもろこし12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜀黍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
草刈籠くさかりかごがすつと地上ちじやうにこけるとき蜀黍もろこしおほきれてがさりとつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
せた蜀黍もろこしねむつたかとおもふやうにしつとりとしてては、やがてざわ/\とつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
此の外に、蜀黍たうもろこし胡瓜きうり
蜀黍たうもろこしとかぼちや、豆、芋