“阿閦”の読み方と例文
読み方割合
あしゅく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東方阿閦如来、金剛忿怒尊、赤身大力明王、穢迹忿怒明王、月輪中に、結跏趺坐して、円光魏々、悪神を摧滅す。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
在英中土宜法竜僧正から『曼荼羅私鈔』を受け読みると、塔中三十七尊を記せる内、阿閦、宝生、無量寿、不空成就の四仏がの四菩薩を流出して大日如来を供養し(内四供養
大日、阿閦宝生、無量寿、不空成就如来等です。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)