てん
その頃この町の端に一つの教会堂があった。堂の周囲には紅い蔦が絡み付いていた。夕日が淋しき町を照す時に、等しくこの教会堂の紅い蔦の葉に鮮かに射して匂うたのである。堂は、西洋風の尖った高い屋根であって、白壁には大分罅が入っていた。 日曜になって …
作品に特徴的な語句
くび ボチ くべ はずれ いっ はや 背後バック かい きぎ なつかし こご つぶ ふる しん くず いたま ひやや しずま 打込うちこも 悪寒わるざむ かか 俯向うつぶ 普通あたりまえ とおり たび せい とど はら じつ 地面じびた 寂然しん あた 戸閉とじまり もと 何処いずく きか ×マルチプライ おごそ てん 斯様こんな おい のば ひざま うしろ おこ 気狂きちがい おう 湿 なぐ なで 蓬々ほうほう ゆす とも たきぎ ゆびさ 折々おりおり 手頭てくび じっ 爪立つまだち なる じょう 上下かみしも 何故なにゆえ いのり 何方どっち 使つかい 頭髪かみのけ かたわら はたらき 面構つらがまえ すべ ひら 鉄槌かなづち 針線しんせん 退 かなし しん 犠牲いけにえ にく ちんば まか まち おど 身体しんたい 寂然せきぜん