“勘辨”の読み方と例文
読み方割合
かんべん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又七殿訴へなば大亂となり白子屋の家名立難しお常殿は女の事故其處へ氣もれざるは道理の事なれども能々勘辨ありて隨分又七殿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
引き取ると一緒に、あの男は刑務所の方へ引き取つて貰はうと思つたのだが、まアまアこんどだけは勘辨してあげたんだ。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)
だよう、おとつゝあにられつから、おとつゝあ勘辨してくろよう」と歔欷くやうな假聲えた。惘然としててがどよめいた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)