鰍沢雪の夜噺(小室山の御封、玉子酒、熊の膏薬)かじかざわゆきのよばなし(こむろさんのごふう、たまござけ、くまのこうやく)
これは三題噺でございます。○「ひどく降るな、久しいあとに親父が身延山へ参詣に行つた時にやつぱり雪の為めに難渋して木の下で夜を明したとのことだがお祖師様の罰でもあたつてゐるのかしら、斯う降られては野宿でもしなければなるまい、宿屋は此近所にはな …
作品に特徴的な語句
あたゝま づゝみ うま ゆつ 良人うちのひと 旅人たびゞと まう 如何いかゞ さいは のみ はづ 頭髪つむり もや 合羽がつぱ しん へう やう つゝみ まへ 左様さやう かゝ りやう ねらひ かへ すこ をんな くら かゝ しやく 此方こつち つれ 難所なんじよ さん 射殺ぶちころ さだ あた 情死しんぢゆう あきなひ こし 吉原よしはら あぶ つゝ かは かむ 本町ほんちやう 雪沓かんじき きず せりふ あが なに ひゞ ぐらゐ いたゞ ほゝ 亀裂ひゞ 今日けふ あかぎれ だれ かは 相手あひて 山越やまごえ 岩淵いはぶち 岩角いはかど 岩間いはま おれ 親父おやぢ 田舎ゐなか つゝ 河竹かはたけ 強薬つよぐすり 水音みづおと 毛皮けがは ぐさ 最初さいしよ 背負せお 膏薬かうやく 様子やうす あか 早速さつそく 芝居しばゐ 此処こゝ 急流きふりう 毒消どくけし