“水音”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みずおと57.1%
みづおと33.3%
すいおん4.8%
みおと4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あのは、どうして水音もたてずに、このいでいったろう? 百は、とにかく子供たちが無事なので、安心しました。
百姓の夢 (新字新仮名) / 小川未明(著)
洗ふ水音滔々として其の夜はに一かに掻曇宛然すに似ての如きはばら/\と降來る折柄三更
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
どどーンと、大きな水音がした。
火薬船 (新字新仮名) / 海野十三(著)