“のぶこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
伸子50.0%
信子50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの時、それが手の形をして、壇上の右手を指差していた。なるほど、それには犯人の伸子のぶこがいたにはちがいないが、しかし理論的に、なんといって証明するものではない。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
もう十時はくに過ぎたのに、妻の伸子のぶこだ帰って来なかった。
罠に掛った人 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
クルミさんは、日曜日を利用して、娘時代の信子のぶこさんへの、お別れとおよろこびを兼ねて、叔母さんのお家へ出掛けるのだった。
香水紳士 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
いちばん年齢としの若い女給の信子のぶこは遠くから気遣わしそうに波瑠子を眺めていたが、やがて用ありげに二人のそばを通り抜けて、衝立ついたての背後をひと回りしてもとのところへ戻った。
宝石の序曲 (新字新仮名) / 松本泰(著)