罠に掛った人わなにかかったひと
もう十時は疾くに過ぎたのに、妻の伸子は未だ帰って来なかった。 友木はいらいらして立上った。彼の痩こけて骨張った顔は変に歪んで、苦痛の表情がアリアリと浮んでいた。 どこをどう歩いたって、この年の暮に迫って、不義理の限りをしている彼に、一銭の金 …
作品に特徴的な語句
はか いぶ さも 恐々おそるおそる にじ かえ まる 仮令たとえ 剰金つりせん さき たす やせ つむ たま 空風からっかぜ しま 茫然ぼんやり にぎや ひら うえ 一縷いちる 乃至ないし また 仰有おっしゃ 伸子のぶこ わず しの 剰金つり 友木ともき ただ つぶや うな あえ あざけ 四辺あたり とが かが あて せわ たちま 恢復かいふく 悄気しょげ 悄然しょうぜん 愈々いよいよ あわ こぶし 易々やすやす 林檎りんご こと あふ くぐ ほのお しか 玉島たましま あと しゃく はず かか 胡坐あぐら あお 藻掻もが 蝋燭ろうそく たもと かぶ あわせ 覚束おぼつか かく 譫言うわごと えら もら 贅沢ぜいたく 足許あしもと 身体からだ 身装みなり 迂闊うかつ 退 這入はい かん 雇人やといにん まり ふる