“親嘴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんし50.0%
キス50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これと抱擁親嘴してませ楽しんだというほどの変り物で、その后が取りも直さず半男女同然故、それ相応に半男女の馬に車を牽かせたものか。
此處を、發車よりして、乘組紳士貴夫人彼方此方に、フウ/\と空氣枕親嘴する。……
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)