“キス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:きす
語句割合
接吻87.5%
親嘴6.3%
6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等は決して接吻キスしないものとされている。
二階ではまだセエラとエミリイとが、馬車の消えて行く町角を見つめていました。馬車の中のクルウ大尉も、ふり返っては手を振り、もうたまらなくなったというように振った自分の手を接吻キスしていました。
接吻キス」でも、其題目は非常にデリケートなものであるに拘らず、作物を一貫して何處かに壯大なところ
彫刻家の見たる美人 (旧字旧仮名) / 荻原守衛(著)
「あたしが死んだら、あたしの額に接吻キスしてやると、約束して下さい。……死んでもわかるでしょうから。」
私は、どうしても、ヘレンに逢はなければならなかつたから——どうしても、彼女が死ぬ前に彼女を抱きしめて、最後の接吻キスをし、最後の言葉をかはさなければならなかつたから。
此處こゝを、發車はつしやころよりして、乘組のりくみ紳士しんし貴夫人きふじん彼方此方あちらこちらに、フウ/\と空氣枕くうきまくら親嘴キスするおと。……
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
——上着を掛けながら、胸を寄せて、キスをしてくれました。