“親切”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんせつ95.6%
なさけ4.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、人びとは、この平野がかで、親切なのに、満足したものでしょう。できるだけこれをりたててやろうとしました。
どうしてその青年が、青二にそう親切なのか分らなかった。しかし今はその青年に力を借りるよりほか道がないことが、青二に分っていた。
透明猫 (新字新仮名) / 海野十三(著)
親方一人で御建なされ、私は馬鹿で終りまする、と皆まで云はせず源太は怒つて、これほど事を分けて云ふ我の親切を無にしても歟。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
親方一人でお建てなされ、私は馬鹿で終りまする、と皆まで云わせず源太は怒って、これほど事を分けて云う我の親切を無にしてもか。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)