“偏見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へんけん83.3%
プレジュジス16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は先入の偏見へんけんを恐れたのです。危險な打明け話をする前にあなたを自分のものにして了ひ度かつたのです。これは卑怯ひけふなことだつた。
したがつてまた、『地方的ちはうてきまた國家的こくかてき偏見へんけん』からは離脱りだつしてゐるつもりだけれども
彼は年も若いし、快活で、物を恐れぬ性質で、わたしの知っている中では最も迷信的の偏見へんけんなどを持っていない人間であった。
甲が乙を評するにいろいろのしき点を述ぶるのを聞くとき、その批評のあやまてることを一々指摘し説明しても甲の偏見へんけんはなかなかになおるものでない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
つまり少し手入れをなさらないせいで——うわべのことを気になさらないせいですな。そういうのは、りっぱなかたがたになると、ごむりもないことですが、と言っていちがいにほめるわけにもまいりますまい。しかもそういうかたがたこそ、自然か人工かという問題で偏見へんけんをお持ちになるのは、あまり似合わないことなのですから、なおさらそれはほめるわけにはまいりませんよ。
彼はこの偏見プレジュジスの上へ、おつに識者ぶる彼らの態度を追加して眺めた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)