“偏見”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へんけん83.3%
プレジュジス16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“偏見”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 社会思想6.9%
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓5.9%
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集4.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は年も若いし、快活で、物を恐れぬ性質で、わたしの知っている中では最も迷信的の偏見へんけんなどを持っていない人間であった。
誰でもよく知つてゐるやうに、偏見へんけんを、教育で耕やされ培はれたことの無い心から追ひ出して了ふことは實際難かしいことだ。
彼はこの偏見プレジュジスの上へ、おつに識者ぶる彼らの態度を追加して眺めた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)