世界怪談名作集せかいかいだんめいさくしゅう02 貸家02 かしや
わたしの友達——著述家で哲学者である男が、ある日、冗談と真面目と半分まじりな調子で、わたしに話した。 「われわれは最近思いもつかないことに出逢ったよ。ロンドンのまんなかに化け物屋敷を見つけたぜ」 「ほんとうか。何が出る。……幽霊か」 「さあ …
作品に特徴的な語句
のめ しょう そう 露出あらわ がく 便宜よすが ごみ いや かご ベル にせ いと 大蛇だいじゃ いえ 差支さしつか ゆか やす のち いそが こわ あが ひま 暗黒くらやみ きたな 衝動ショック 見分けんぶん 見識みし 詐欺いかさま 風雨あらし 一体いったい 亡骸なきがら 仕業しわざ ただ 何分なにぶん 偏見へんけん 凄気せいき 凝塊かたまり なら 到底とうてい 匕首あいくち 参酌さんしゃく 呶鳴どな 唯今ただいま うな のど 四間よま 圧伏あっぷく 均一きんいつ 垂木たるき 夜半よなか なだ うち 家並やなみ 宿やど もっぱ たず 小径こみち 幅木はばき 床板ゆかいた 弾機ばね 後生ごしょう 感応かんのう 手妻てづま 抽斗ひきだし こしら ふる 書板タブレット 最早もはや ふだ はん かま かしわ 残忍ざんにん から こわ なんじ 海藻かいそう 湿しめ 濠州ごうしゅう 烟出けむだ
題名が同じ作品
世界怪談名作集:01 序/目次 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名)瞿佑 (著)