世界怪談名作集せかいかいだんめいさくしゅう14 ラザルス
三日三晩のあいだ、謎のような死の手に身をゆだねていたラザルスが、墓から這い出して自分の家へ帰って来た時には、みんなも暫くは彼を幽霊だと思った。この死からよみがえったということが、やがてラザルスという名 …
題名が同じ作品
世界怪談名作集:01 序/目次 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名)瞿佑 (著)