“凄気”のいろいろな読み方と例文
旧字:凄氣
読み方割合
せいき90.9%
すごさ4.5%
せいさ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
叫んで、さっと身をすさったが、三島が必死の刃は、圧する凄気と共に、対馬守の肩先に襲いかかった。しかしその一刹那である。
老中の眼鏡 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
予はにし年の冬十二月、加賀国随一の幽寂界、黒壁という処にて、夜半一箇の婦人に出会いし時、実に名状すべからざる凄気を感ぜしなり。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかしこれも秦明と闘ッて斬られ、第三、第四、と猪突して出た者までことごとく打ち果たされてゆくのを見ると、高廉はその青粘土のようなにたちまち吹墨のような凄気を呼んで
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)