“黒壁”の読み方と例文
読み方割合
くろかべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予はにし年の冬十二月、加賀国随一の幽寂界、黒壁という処にて、夜半一箇の婦人に出会いし時、実に名状すべからざる凄気を感ぜしなり。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……土蔵の額縁黒壁にもやはり同じことが書いてあったんだが、このほうは暗くて気がつかなかった。……おもんもなかなか抜け目がない。
顎十郎捕物帳:18 永代経 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
加賀の国黒壁は、金沢市の郊外一里程の処にあり、魔境を国中に鳴る。野田山の奥、深林幽暗の地たるに因れり。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)