“なさけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナサケ
語句割合
90.5%
慈悲1.5%
仁慈0.9%
情愛0.9%
0.6%
仁情0.6%
人情0.6%
好情0.6%
愛情0.6%
慈愛0.6%
親切0.6%
厚情0.3%
厚意0.3%
同情0.3%
0.3%
情実0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なかりし昔の報いとならば、此身を千千まるゝとも露壓はぬに、の御言葉は、心狹き妾に、恥ぢて死ねとの御事か。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
クレーヴシン ああ王さま、慈悲を御存じありませぬか?
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
鉄が親の気持もよかろし汝の寝覚めもよいというものだと心づけて下すったその時は、ああどうしてこんなに仁慈深かろとありがたくてありがたくて私は泣きました
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
いかにってげ出したような性質がさする返答なればとて、十兵衛厭でござりまするとはあまりなる挨拶情愛のまるでわからぬ土人形でもこうは云うまじきを
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
叔父にさえあさましき難題云いらるゝ世の中に赤の他人でほどの、胸にえてぞっとする程し悲しく、せ返りながら、と思いかえして
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
百両の金が何でるか知らぬがあれ程の悌順女を金にらるゝ者と思うて居る貴様の心がさもしい、珠運という御客様の仁情半分汲めたならそんな事わずに有難涙びそうな者。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私はもしものことがあれば親方や姉御のためと云や黒煙のりを食っても飛び込むぐらいの了見は持って居るに、畜生ッ、ああ人情ない野郎め、のっそりめ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
親切の上親切を尽してわが知恵思案を凝らせし絵図までやらんというものを、むげに返すか慮外なり、何ほど自己手腕のよくて好情を無にするか
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
人間の夢も愛情も亡びなむこの地球運命かなしと思ふ
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
是非先方よりを低くし身をめて此方へ相談に来たり、何とぞ半分なりと仕事をわけて下されと、今日の上人様のお慈愛深きお言葉を頼りに泣きついても頼みをかけべきに、何としてこうは遅きや
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
親方一人でお建てなされ、私は馬鹿で終りまする、と皆まで云わせず源太は怒って、これほど事を分けて云う我の親切を無にしてもか。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
へい/\有難じます、うも折角のお厚情でございますから、御遠慮申上ませぬでお言葉つて、御免ります。主「どうもお人品なことだ、ふのうー……さア/\此方へおり。 ...
どうもからまでお厚情かりまして、有難じます。
その以前からの縁で、お絹にも厚意を受けた。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「姉と妹二人きりになったのです。故郷の人達の同情に依って、何とか生活して行く道はあるでしょうが、身体だけはうか大切にして下さい。この上、あなたかお妹さんでも病気になると、それこそ取返しが付きませんからね…………」
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
冬の最中に、銃の手入をするのが一番つらかったと云った、赤切れから血がながれて一生懸命に掃除をする銃身を片はじから汚して行く時のなさと云うものはない。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「我が家におかえり下さらぬか。我が家はそなたの家も同様なのだ。もう情実は負わなくともいい、くお越しあれ。」
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
姉は物も言わんで、微笑んで、のうるんだの籠るで、二郎を打眺めている。二郎は姉のにしかとり付いたまま、もうもう決して決して、放さないと決心したのである。
稚子ヶ淵 (新字新仮名) / 小川未明(著)