“大晦日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおみそか77.1%
おほみそか16.1%
おおつごもり3.4%
おほつごもり2.5%
オホツゴモリ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大晦日の夕ぐれである。どことなく騒音のある洛内だった、すこし人通りの多い往来へ出ると、人間の眼も、どりも、違っている。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
千兩箱は大晦日の晩から積んであつて、松のうちはその儘にして置くさうです。床の前はがつて居るから誰も氣が付きやしません。
元日の夕方は、毎年、町屋は早く大戸をし、いずこの家も、大晦日のつかれを見せて、宵にはもう真っ暗に寝しずまるのが例だった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
我国にて塩引にしたるを大晦日には用ひざる家なし。又病人にもす。他国にて腫物にいむは、これになれざるゆゑにやあらん。
京の祇園に削りかけを立てゝ豊作を祈るのも、大晦日の夜から元朝へかけての神事ではないか。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)