“こゝのつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
子刻67.4%
九歳13.5%
午刻5.6%
正午2.2%
夜中1.1%
丑刻1.1%
1.1%
九才1.1%
九種1.1%
九箇1.1%
亥刻1.1%
十二時1.1%
正子刻1.1%
眞晝1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
渡邊織江が殺されましたのは、子刻少々前で、丁度同じ時刻にの春部梅三郎が若江というお小姓の手をて屋敷を駈落致しました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
九歳。』と、その松三郎が自分で答へた。膝に補布を當てた股引を穿いて、ボロ/\の布の無尻を何枚も/\着膨れた、見るから腕白らしい兒であつた。
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ゴーンと云うのが上野の午刻だから今の十二時で何う云う訳か楊枝が四本あります、一本へ歯磨を附けまして歯のと表を磨き、一本の楊枝で下歯の表を磨き、又一本の楊枝で歯の裏を磨き
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
馬吉には、上野の正午が鳴つて、奧で笛の音がしたら、そつとお孃さんの部屋へ入つて、めるやうに教へて置いた。
「成程、さう聞けばわけのないことだ、夜中前に歸つて來るといふことにして、出かけてみようか」
「此處からほんの一里半足らず、敵を討つても夜中までには歸つて來られます」
其の夜の丑刻頃庭口の飛上り、内庭の様子をいますると、夏の夜とてまだ寝もやらず、庭の縁台には村との両人、縁側には舎弟の蟠作と安兵衞の両人、蚊遣に碁を打って居りました
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
宜しいお前達につて了う。たゞ五分の一だけ呉れろ、乃公は其をて北海道に飛ぶからつて。其処で小僧がの時でした、親子三人でポイと此方へやつて来たのです。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
おゝ正太郎だ……何うも大きくなりやアがった此畜生親父は殺されたか……えゝなに高岡で、うか、九才の時別れてしまったから、顔もそっぽう覚えやしねえくれえだから
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
武村兵曹技倆はまた格別で、何處練習したものか、から九種魔球工合まじいもので、兵曹投手にすると敵手になるはなく、また打棒れて/\らぬので
マーキュ 猫王どの、九箇あるといふ足下つだけ所望したいが、其後擧動次第八箇くまいものでもない。
七日目になア其の亥刻前じゃったか、下駄をいて墓場へき、線香を上げ、其処し、長らく血盆経を読んでしもうて、がすうと立って帰ろうとすると
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
小助前途見渡して、から突張つてして、瓜井戸宿つたが、十二時したとつては、旅籠屋してもめてはくれない。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
やがて上野の正子刻の鐘が鳴ると、奧の稽古部屋から、不氣味な笛の音が、明る過ぎるほど明るい眞晝の大氣に響いて、地獄の音樂のやうに聞えて來るのです。
その翌る日、眞晝を少し廻つた頃、平次の家へ