“離屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなれ98.8%
はなれや1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「驚きましたよ、親分。手代の小半次が寮の離屋に主人が殺されてゐると騷ぎ出したので、盃を投り出して飛んで行つて見ると——」
佐伯氏は、さんという、すごいような端麗な顔をした妹さんと二人で別棟離屋を借り切って、二階と階下に別れて住んでいる。
キャラコさん:03 蘆と木笛 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
一段高く梯子段を上ったところに、浅間神社を勧請した離屋が、一屋建ててあり、紀伊殿御祈願所の木札や、文化年間にあげたという、太々神楽の額や、天保四年と記した中山道深谷宿
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)