“乙松”の読み方と例文
読み方割合
おとまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「昨夜亥刻少し過ぎ(十時過ぎ)小僧の乙松離屋の前で嫁のお袖に逢つたさうですよ。月は良かつたし、間違ひはないつて言ふが」
小僧の乙松が、宵暗の離屋の入口で見たのは、お袖ではなくて、この姉のお幾だつたことは言ふ迄もありません。
くなつた番頭の伊八さんで、——も朝戸を開けて、庭を見廻るのは小僧の乙松の仕事で、へエ——」