乙松おとまつ)” の例文
「昨夜亥刻少し過ぎ(十時過ぎ)小僧の乙松離屋の前で嫁のお袖に逢つたさうですよ。月は良かつたし、間違ひはないつて言ふが」
小僧の乙松が、宵暗の離屋の入口で見たのは、お袖ではなくて、この姉のお幾だつたことは言ふ迄もありません。
くなつた番頭の伊八さんで、——も朝戸を開けて、庭を見廻るのは小僧の乙松の仕事で、へエ——」
「他じゃございませんが、私の弟の乙松というのが、七日ばかり前から行方知れずになりました」
「他ぢや御座いませんが、私の弟の乙松といふのが、七日ばかり前から行方不明になりました」
「何をニヤニヤして居るんだ、乙松の行方が解つたのか」