“乙若”の読み方と例文
読み方割合
おとわか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「大きくなったなあ、わしは弥右衛門どのの友達の乙若だよ。織田様に仕えていた頃、同じ足軽組にいた者だ」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ちょうどのことで、がたいそうっていました。常磐牛若れて、乙若の手をひいて、の中をいて行きました。今若はそのあとからついて行きました。
牛若と弁慶 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
ことし六歳乙若と、八歳になった今若のふたりが、寒さに、ひしと抱き合って、無心な寝息をもらしていた。それに掛けてあるのは一枚の母の上着だけであった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)