“原士”の読み方と例文
読み方割合
はらし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よく見えませぬが……」と樹上の居場所をかえて手をかざしながら——「オオ、駈け向ってゆきました、原士の方が十四、五名」
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それよりは、一刻も早く、啓之助や原士たちのいる剣山の辿りつくことを急いだ方がよいと、お米は息ぎれをこらえつづけた。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
原士衆の詰めているの木戸へ行って、この大変をおらせしようと存じ、急いで、平家の馬場から降りてきたところでございます
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)