“原稿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんこう66.7%
げんかう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで正直をしますと、この小さな「イギリス海岸」の原稿は八月六日あの足あとを見つける前の日の宿直室で半分書いたのです。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
富士男は一枚の原稿を、ゴルドンの前においた。それには十五少年の学級と、受け持ち教導者などがしるされてあった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
原稿く、もちよくぶので夢中になつた、その夢中ましたである、あら座蒲團つて、すましてゐる。
ねこ (旧字旧仮名) / 北村兼子(著)
A ハガキ文學いね。ソラよく雜誌社などで原稿める一手段として、諸名士往復葉書したりするぢやないか。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)