神社合祀に関する意見じんじゃごうしにかんするいけん
最初、明治三十九年十二月原内相が出せし合祀令は、一町村に一社を標準とせり。ただし地勢および祭祀理由において、特殊の事情あるもの、および特別の由緒書あるものにして維持確実なるものは合祀に及ばず、その特別の由緒とは左の五項なり。 (1)『延喜式 …
作品に特徴的な語句
よそ くら ゆる きょく あら ひら あわ 何方いずかた ひき せい 三輪みわの かわ 何所いずく まわ ため ことさ だに 出立でたち 定規ていき 迂闊うか よぎ しゅう おわ さえぎ 周章しゅうしょう 巫祝みこ むな 水松いちのき あやう 桎梏せめどうぐ がえ いこ こうべ うしな ただ とく 不言いわず まち つの さと あた まれ かこ いだ しち つま いた おっと 如何いかが はた あた 如何いかん 欺騙ぎへん 冬青もちのき よろこ 鳥巣とりのす なじ いとぐち 人気にんき にく みだ さき 高田たかだ つと わたくし そえ 朝来あっそ 佐田さだ つど やわ 魔王サタン くだ つつ 便たより 石鏃いしのやのね ぬす 焚料たきもの 飯盛いいもり 老爺ろうや 饕餮とうてつ やぶ 所刑しょけい たぐ たが 減殺げんさつ 胞衣えな 羊歯しだ 鯪鯉せんざんこう かか 聊生りょうせい やかま