絵のない絵本えのないえほん01 絵のない絵本01 えのないえほん
ふしぎなことです!わたしは、なにかに深く心を動かされているときには、まるで両手と舌とが、わたしのからだにしばりつけられているような気持になるのです。そしてそういうときには、心の中にいきいきと感じていることでも、それをそのまま絵にかくこともで …
作品に特徴的な語句
がしこ しあわ かお おとず 微笑びしょう 俳優はいゆう 肩掛かたか 一片いっぺん 紡錘ぼうすい たが 姉妹しまい 皇帝こうてい 即興そっきょう 荒野こうや 巨大きょだい くれない ばっ 粗雑そざつ 夕暮ゆうぐれ 寝台しんだい 一羽いちわ 船路ふなじ 一軒いっけん 上弦じょうげん 麻布あさぬの あた 色彩しきさい 御陵みささぎ むすめ ぐま えが けむり 騎士きし かれ ころも 振舞ふるま 食卓しょくたく たぐ たよ あま かんむり ひび 装飾そうしょく みぞ 苦悩くのう ゆか 露台ろだい 幾百いくひゃく 霊感れいかん うか きよ さか 幾人いくにん 老嬢オールドミス 眼差まなざ あら ばち さい 碧色あおいろ とびら 華麗かれい かど 葬式そうしき 囚人しゅうじん ひつぎ 岩壁がんぺき から 薄明うすあか かたま 墓掘はかほ 寡婦かふ 拍手はくしゅ 最中さいちゅう くら 精霊せいれい つな あみ つづ 総督そうとく こし あし うで ひざ はな 脇腹わきばら
題名が同じ作品
絵のない絵本:02 解説 (新字新仮名)矢崎源九郎 (著)