魚玄機ぎょげんき
魚玄機が人を殺して獄に下った。風説は忽ち長安人士の間に流伝せられて、一人として事の意表に出でたのに驚かぬものはなかった。 唐の代には道教が盛であった。それは道士等が王室の李姓であるのを奇貨として、老子を先祖だと言い做し、老君に仕うること宗廟 …
作品に特徴的な語句
きわめ ものいみ たてまつ ちと そら けい うやうやし しょう そむ しも ただ おも 許多いくた 歌女かじょ じょう ただち せん もと おびやか いで 小婢しょうひ よそおい ざん いだ あなどり いくばく つね これ こら 分疏ぶんそ わか しょう かく こまぬ いやし ひとし 女伴じょはん 大中たいちゅう ひそ 丁字ていじ おそれ たちまち いたずら 往反おうへん 腥羶せいせん うかが おそれ へい しりぞ かばね いざな かたち 老婢ろうひ あざな ならい ぬきん おと 垢膩こうじ かたわら ちかづ あした かざ とう もや せつ にわか ひそか ともしび 口吻こうふん しきり けい とど ゆる すぐ おとがい 猜疑さいぎ 蔓草つるくさ 狭邪きょうしゃ 背後うしろ 狡獪こうかい 状元じょうげん 牡丹ぼたん 龐勛ほうくん 煩聒はんかつ 熟客じゅっかく