“良驥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうき66.7%
りやうき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この少女が良驥を以て自ら比するのは、いかにもふさわしくないように感じたからである。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
良驥 色 に同じく
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
我等皆心織筆耕の徒、市に良驥の長鳴を聞いて知己を誇るものに非ずとも、野に白鶴の廻飛を望んで壮志をせること幾回なるを知らず。一朝天風妖氛を払ひ海内の文章先生に落つ。
「鏡花全集」目録開口 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)