“寄贈”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きぞう66.7%
おく16.7%
きそう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“寄贈”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この前お父さんが持ってきて学校へ寄贈きぞうしたおおきなかにこうらだのとなかいの角だの今だってみんな標本室にあるんだ。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
寄贈きぞう、お餅沢山、人の四郎氏、人のかん子氏」と大きなふだが出ました。狐の生徒はよろこんで手をパチパチたたきました。
雪渡り (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
十分にされていて袴着の贈り物などここから持たせてやる必要は何もなさそうに思われたので、姫君づきの女房たちに、乳母をはじめ新しい一重ねずつの華美な衣裳を寄贈おくるだけのことにした。
源氏物語:19 薄雲 (新字新仮名) / 紫式部(著)
右エナ大学植物学研究室へ御寄贈きそう下さつたに就きましては厚くお礼をまをべます。