“寄付金”の読み方と例文
読み方割合
きふきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてそこで、村人一同は、小学校の先生の考えどおりにすることにして、まず、馬をつくるために、村じゅう、一けん一けん、寄付金をあつめにいきました。
丘の銅像 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
わたしはそこで来賓に向かって、この金はさっそくあわれな大道音楽師のために救護所設立の第一回寄付金としたいと宣言した。そのあとの寄付はわたしと母とですることにする。
その不景気の中で東北や北海道の飢饉を知り、ひとり一ずつの寄付金を学校へもっていった。そうした中で満州事変上海事変はつづいておこり、幾人かの兵隊が岬からもおくり出された。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)