“義捐金”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎえんきん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“義捐金”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 地理・地誌・紀行(児童)100.0%
社会科学 > 経済 > 人口・土地・資源20.0%
社会科学 > 経済 > 経済学・経済思想14.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その翌々日の午後、義捐金ぎえんきんの一部をさいてあがなった、四百余の猿股さるまたを罹災民諸君に寄贈することになった。
水の三日 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
蘇格蘭スコットランドの貧民は一般に、教区牧師の監督の下に分配される義捐金ぎえんきんによって養われている。