“刑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けい85.7%
おき7.1%
しおき7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むしろ、一の人は、それで愁眉をひらいていた。しかし、愁眉のひらかれぬ気がかりは、ご神罰せられている忍剣の身の上——。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身に引受無理白状に及びしかば終に口書印も相濟明日頃御所に相成由ゆゑ火急に願ひ奉つると申立るを縫殿頭殿先刻より熟々聞居られしが頓て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
今は皆
(新字旧仮名) / 末吉安持(著)