“つみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツミ
語句割合
75.2%
5.0%
3.1%
1.9%
罪障1.9%
罪悪1.9%
罪業1.2%
罪科1.2%
罪過1.2%
邪気1.2%
0.6%
0.6%
殺生0.6%
犯罪0.6%
0.6%
罪孼0.6%
罪穢0.6%
0.6%
過失0.6%
邪氣0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し入んと計りき夜に昌次郎と兩人にて男女をし悴娘の着類を兩人の首をて川へ流せしき最早兩人より白状に及びしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
毎日こゝかしこの木を心のまゝにとりてにつくり、小屋のほとりにあまたおき、心にるほどにいたればそのまゝにおきて家にる。
く、く、屋敷田畝へて、雲雀巣獵野草なり。
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その時代にノルプー・チェリンという人が総理大臣の権を握って大変に圧制をして、のないのに沢山な人を殺した事もあったそうですがそれは全く事実である。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
赤児』は重瞳の三男をしたのである。奥方は何と云ふ罪障の深い自分だらうと考へ出した。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
どうしたらこの患難から救われるのでしょう。私が生きておりますのはアヤ子のためにこの上もない罪悪です。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
幾干罪業を作り玉ひし上、浪煙る海原越えて浜千鳥あとは都へ通へども、身は松山に音をのみぞなく/\孤灯に夜雨を聴き寒衾旧時を夢みつゝ、遂に空くなり玉ひし御事、あまりと申せば御傷しく
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「まあ待ちなされ、皆の衆! 何も、無駄な罪科を重ねるこたあねえでがせう? ひよつとしたら、これあ悪魔ではないかも知れねえのに!」
がなくなって、こちらの世界引移ってても、現世執着容易れるものでないは、すでに申上げましたが、でにモーしここで自分罪過申上げてくことにしましょう。
その邪気のない失敗談をすっぱ抜いてみたり、また泣く泣くも、よい方を取るべき遺品分けの方へ眼が光ったりして、湿っているうちにも、かなりの人間味が漂うべきはずであるが
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
或る時は、餘りに憎らしくなつて、自分を見るあの主婦の眼を、突き刺してやらうかと思つて、文吾は母の使ひ古したを一本持ち出したことさへある。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
じんき(白い綿を胡瓜の小ひさなのぐらゐにしたもの)は長く母の左手で絲になつて伸びると、右の手で𢌞してゐた車が、チヨンと把手を鳴らす音とともに、に卷き着く絲の玉は
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
が、さらに一層我々の注意をひくのは、浦島の常世の国が海中から天上へ移され、の化してなった柘媛も吉野の山の仙女から羽衣で飛ぶ天女に変化させられたことである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
丈助どん、殺生のようだが其の目の悪い客衆を殺しても其のお金をって若旦那へ上げて呉んなまし、おまはんには決して難儀は懸けまへん、其の罪は私が引受けて解死人とやらに立とうから
愛情の悲劇にたいしては、彼女たちは、ただ同情するだけで、そうした人たちが犯罪を犯した時でさえ、義憤を感じるようなことは決してありませんでした。
寡婦 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
百濟では都慕と言ひ、高句麗地方の人々は東明とも鄒牟とも朱蒙とも云ふ。日本で大山祇神の海童も、同音同義である。
近畿地方に於ける神社 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
はことごとく罪孼し者なるにって我らを教うるか、ついに彼を逐出せり、彼らが逐い出ししことを聞き、イエス尋ねてこれに遇いいいけるは、爾神の子を信ずるか
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
浮世罪穢されていない小供例外なしにそうで、そのめこのなども、帰幽後すぐに世話することになったのじゃ。
周はすでに無実の罪に服してにつけられることになっていた。
成仙 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
もしあなたの御存じの誰方かゞ苦しんだり、過失を犯してゐらつしやるのなら、人間以上の高いところにそれを償ふべき力と癒すべき慰藉を求めさすやうにしてお上げなさいまし。
「隱すツて譯じやないんですけれど………」と些と思はせぶりを行ツて、「ま、しませう。私にだつて、御信心があるんですとさ。ね、解ツたでせう。」と邪氣の無い笑顔を見せる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)