“口書”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くちがき74.2%
くちが12.9%
こうしょ6.5%
こうしよ3.2%
くがき3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十六日の口書、三奉行の権詐死地かんとするを知り、ってさらに生をうの心なし、これまた平生学問のるなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
血だらけになったのをどこかへ捨てたんだろう——その剃刀さえ見付かれば、口書拇印がなくたって、処刑台に上げられる女だ
問罪所からは、やがて彼女を取調べたつぶさな口書に、その処分を仰ぐの旨を添えて、一般の罪囚と同じ形式で、清盛の所へまわしてよこした。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
申立しかばある時は是迄にて平左衞門が罪の次第落着に致すべしとて嘉川一の者共口書申付られ落着の調べを老中方へ差出されしとなり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「林彦三郎は口書拇印も濟んで、傳馬町へ送られるといふ話だ、困つたことだな」