水菓子屋の要吉みずがしやのようきち
要吉は、東京の山の手にある、ある盛り場の水菓子屋の小僧さんです。要吉は、半年ばかり前にいなかからでてきたのです。 要吉の仕事の第一は、毎朝、まっさきに起きて、表の重たい雨戸をくりあけると、年上の番頭さんを手伝って、店さきへもちだしたえんだい …
作品に特徴的な語句
ばら 一方いっぽう そん じゅく ゆる せん 主人しゅじん さき 半年はんねん 商売しょうばい ごえ おお たい 工場こうじょう くら さつ さか 紙袋かみぶくろ 細工ざいく 見物けんぶつ 見越みこ きん あいだ 一山ひとやま 上等じょうとう 今夜こんや 今度こんど 仕事しごと だい 到来とうらい 制服せいふく 割引わりびき つと 十分じゅうぶん 半分はんぶん 台所だいどころ しな 品物しなもの 問屋とんや 問題もんだい かたまり ゆめ ふと おく 女中じょちゅう みょう いもうと 宝玉ほうぎょく 封筒ふうとう 小僧こぞう とど やま おび 平気へいき とし 年期ねんき 店番みせばん 心配しんぱい わす かな 手伝てつだ 手帳てちょう はら ひろ かず 敷石しきいし かた 方々ほうぼう ひる 昼間ひるま 時計とけい ばん 朝鮮ちょうせん ふだ えだ もも 梅雨つゆ ある 毎晩まいばん 毎朝まいあさ 水玉みずたま 汽船きせん 汽車きしゃ 注文ちゅうもん はたけ 番頭ばんとう さら ねむ はこ つぶ 約束やくそく あか