“義直”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よしなお66.7%
よしただ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
細川藤孝ふじたかは、丹後の一しき義直よしなおを亡ぼして、その田辺の城を、信長に献じ、信長から、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
義直よしなお頼宣よりのぶの両卿を、とりかわせ給うにより、先手いくさを始めることしばらく延引し、馬をば一、二町も退け、人々馬より下り、槍を手にし重ねての命を待つべし」と、触れ渡った。
忠直卿行状記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
また一族では、甥の鬼五郎助高をはじめ、鳥屋とや彦七、宇田川義直よしただ左摩さま大八、荒木宗行むねゆき、それに家職の車尾丹玄くるまおたんげんなどを加えても十五人にみたなかった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)