“頼宣”の読み方と例文
読み方割合
よりのぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「盟友、同志、雲の如く、その上、これは極内だが、御三家の俊傑、紀州頼宣様、かに御加担、近々事を挙げる運びになっている」
江戸の火術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
祖父大納言頼宣に似て、剛毅で果断、しかし丹生三万石の貧乏家来をひきいて、生涯を終るかにおもわれた彼。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
謀叛僧文覚荒行をやった那智大瀑永久り落つ処、雄才覇気まかり違えば宗家の天下をもぎにしかねまじい南竜公紀州頼宣が虫を抑えて居た処
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)