江戸の火術えどのかじゅつ
「あッ、泥棒ッ」 井上半十郎正景は、押っ取刀で飛出しました。 初秋の浜名湖を渡って、舞坂の宿外れ、とある茶店で中食を認め、勘定をする積りで取出した紙入を、衝立の蔭から出た長い手が、いきなりさらって表口へ飛出したのです。 が、事件はそれだけで …
作品に特徴的な語句
にぎ いえ あや はずか 階段かけはし わざ あで みに かたじ ゆる おぼえ たなそこ ならび さわぎ ともしび 有難ありがと つん かえ 退 ささ 執念しつこ 行脚いざ なま ひそ あらそい 交際つきあい うえ 仮令たとえ いぶ 何方どっち しず わずか うたがい しば 其方そなた ひら もと とり 取出とりだ 目論もくろん 追付おいつ 起上たちあが うち 如何いかん 射出うちだ 振返ふりかえ まなじり 蘇生よみがえ こう 強薬つよぐすり ひそ 突飛つきとば おう うらみ めぐみ 衝立ついたて ようや ほのお 焔硝えんしょう しか 燻蒸くんじょう 牛込うしごめ ひし 生命いのち 申上もうしあ 眉庇まびさし 真似まね またた 矢張やは 福島ふくしま 秋葉あきば つも はず 素人しろうと がた 雄栓おねじ 雌栓めねじ 雁皮がんぴ おもて えくぼ