“行脚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんぎゃ77.9%
あんぎや16.2%
いざ2.9%
ゐざ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行脚というものが生易しいものでないことを雄弁に物語っていた。私の坐禅が三日坊主に終ったことは、これは云うまでもない。
西隣塾記 (新字新仮名) / 小山清(著)
道翹へた。「豐干やいますか。それは先頃まで、本堂背後僧院にをられましたが、行脚られたられませぬ。」
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
静かに行脚り寄って来た女、井上半十郎に寄りそうように、銚子を取り上げました。
江戸の火術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
平次は行脚り寄つて香を捻ると、家族の人達へ一應の挨拶をして、問題の死骸の側に膝を寄せました。