“雲水行脚”の読み方と例文
読み方割合
うんすいあんぎゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一所不住沙門雲水行脚衲僧は必ず樹下石上を宿とすとある。樹下石上とは難行苦行のためではない。全くのぼせをげるために六祖が米をきながら考え出した秘法である。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)