“直義”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ただよし92.9%
たゞよし7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分が駈けつけてゆくまで弟の直義がよく敵の大軍をささえて生きているかどうか。あれこれ、限りのない惑念も湧いたであろう。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
志と違いたまい、足利の手に宮家には、お渡りあそばさるる御身の上となられ、遥々鎌倉へ移らせられ、苛察冷酷の典型的悪将、尊氏の舎弟直義の手にて、二階堂ヶ東光寺内の
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
相模守として鎌倉に在つた尊氏の弟直義は、敗れて鎌倉を脱出するとき、くも護良親王をし奉つた。これが、足利氏の悪逆の最初である。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)