“側眼”の読み方と例文
読み方割合
わきめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
送る側眼で見てさへ不便に子の可愛さの一筋に小半年せしが妻のお久が病中より更に家業も成ぬ上死後物入何ややに家財雜具を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
もう御神酒がまはつたと見えて、小鬢の禿まで赤くしながら、さすがにちつとは恥しいのか、なるべくおれの方を見無えやうに、側眼ばかり使つてゐやがる。
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
私は四十起氏の跡につきながら、滅多に側眼もふらない程、恐る恐る敷石を踏んで行った。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)