“不便”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふびん78.7%
ふべん21.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りを感じましたが、お手討ちにいました忍びの男には却って不便を催しましたので、たしかその明くる日のことでござりました。
と態と暴々しいことを云うのも此処の義理を思うからで、腹の中では不便とは思いましたが、なく政七は妹の手を引いて出てまいる。
十六ではまだたなくつてもいゝといふのはそれは無理ではない。勘次でおつぎの一らぬことは不便であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私共今日生活から茶碗などをなくしてしまつたならば、どれだけ不便なことであるかは、十分想像出來るのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)