並木なみき
近頃相川の怠ることは会社内でも評判に成っている。一度弁当を腰に着けると、八年や九年位提げているのは造作も無い。齷齪とした生涯を塵埃深い巷に送っているうちに、最早相川は四十近くなった。もともと会社などに埋れているべき筈の人では無いが、年をとっ …
作品に特徴的な語句
容貌おもて まがい すず 母様おふくろ うずも ふか 計画はかりごと 奈何どんな 構造たてかた たっ 過去うしろ かお 翹望まちこが おもんぱかり 内部なかみ 費用ついえ 奈何いかが 慰藉なぐさみ なまけ 不可いかん 引張ひっぱり たく 取除とりはず 衰頽おとろえ うち ぬか 稿もの かたづ せい ずり 緑葉みどりは 茶店さてん 華麗はで 彼地あっち あらわ 語調ちょうし 今昔こんせき 鬱蒼こんもり 沮喪がっかり 他方かたいっぽ 追懐おもいで もぐ 何事なに やわら うごか 陥没おっこ なり 閑散のんき かえ かわ 投出ほうりだ 雑然ごちゃごちゃ ふる 素見ひやか 昼飯ひる 思想かんがえ 快楽たのしみ 加之おまけ 暫時しばらく いたずら 匇々そこそこ 附加つけた 最早もう 平坦たいら あらわ 茫然ぼんやり 宏壮おおき たま かか 囲繞とりま さか 変遷うつりかわり 食物くいもの にぎや 佇立たたず 奔放ほしいまま 深夜よふけ 母親おふくろ 苦笑にがわらい 混乱いりみだ 矢張やはり ゆびさ 交換とりかわ 款待もてな 各自てんで きずつ きま 翌日あくるひ 此頃こないだ