“光影”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さま50.0%
ひかげ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“光影”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
樹と樹との間には、花園の眺めが面白く展けて、流行を追う人々の洋傘こうもりなぞが動揺する日の光の中に輝く光影さまも見える。
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
わが車五味坂ごみざかを下れば茂み合うかしの葉かげより光影ひかげきらめきぬ。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)