“電光影裏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
でんこうえいり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“電光影裏”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そう威張るもんじゃないよ。君などはことによると電光影裏でんこうえいりにさか倒れをやるかも知れないぜ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「うん電光影裏でんこうえいり春風しゅんぷうをきるとか云う句を教えて行ったよ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)