“五味坂”の読み方と例文
読み方割合
ごみざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが車五味坂を下れば茂み合うの葉より光影きらめきぬ。これ倶楽部の窓より漏るるなり。雲の絶え間には遠き星一つかにもれたり。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
番町の火は今や五味坂上の三井邸のうしろに迫って、怒涛のように暴れ狂うのなかに西洋館の高い建物がはっきりと浮き出して白くみえた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
師走算段𢌞つて五味坂投出された、は、懷中げつそりとうして、なるがに、路端打撞かつて怪我をした。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)