“紅葉狩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もみじがり62.5%
もみじが37.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何某の講談は塩原多助一代記の一節で、そのに時代な好みの紅葉狩と世話にやかな日本一と、ここの女中達の踊が二組あった。それから饗応があった。
里芋の芽と不動の目 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「ときに、腹ごなしでもやるか」膳部をさげて茶菓を出すとまもなく、おとうさまがそう云いだされた、「すずに鼓を持ってもらって、紅葉狩をさらおう」
やぶからし (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「いやどうもご苦労さまだ。こんな時にかぎって、小泥棒一ぴき見当りはしねえ。なんのことはねえ紅葉狩りにきたようなものさ——」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十一月天長節日曜と続いたを幸いに矢野は、中島木島らと、日光の紅葉狩りに行った。つぎの日曜に矢野は歌をたくさん作って大木をねる。歌は恋の歌より振わなかった。
廃める (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)