“紅葉狩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もみじがり75.0%
もみじが25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紅葉狩”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇3.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
晴れ。いまは大阪。中座なかざ。出し物は、「勧進帳かんじんちょう」「歌行燈うたあんどん」「紅葉狩もみじがり」。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
このときに新蔵は「鍋島猫騒動」の伊東左右太いとうそうだと、「紅葉狩もみじがり」の鬼女きじょをつとめたのである。
例年ならば、観月の宴、菊の節句、紅葉狩もみじがりと、次々に催しがあるのだけれども、今年はそんな次第で殿の御気色みけしきがすぐれないものだから、表でも奥でも派手な遊びは差控えることにして、ほんの型ばかりの行事を済ませた。